ナイキフリー(NIKE FREE)テクノロジーの詳細を解説!なぜ足裏が鍛えられるのかが分かります!

NIKE 公式オンラインストア

ナイキフリーシューズ一覧

NIKE 公式オンラインストア

 

イキフリーとは…


ナイキ独自のアウトソール(靴底)、ミッドソール(靴の中間部分)が素足により近い環境を提供し、トレーニング効果を促進するシューズです。
また、普段の生活に使用することで楽に楽しくトレーニング効果を得ることができます。

イキフリー開発のきっかけ


2001年、トビー・ハットフィールド(ナイキのデザイナーでティンカー・ハットフィールドの弟)を含む、ナイキのグループがゴルフコースの芝の上を素足で走るスタンフォード大学のビン・ラナナ氏の陸上チームのトレーニングを見学。
そこでラナナ氏の素足で走るトレーニングがランナーの足を強くし、パフォーマンスを向上させるというアイデアをヒントに誕生したのが、ナイキフリーです。

 



ンセプト


『素足の様なフィット感』
『足を自由にストレスのない自然な動き』

上記のコンセプトからスタートし、数年の開発の期間を経て2004年にナイキフリーが誕生しました。

足が地面と一体となり、その質感、温度などを足裏で感じながら走ることができる…こんなシューズを目標に完成したのがナイキフリーなのです。

 

イキフリーの仕組み〜なぜ素足のような感覚なのか


アウトソール(靴底)、ミッドソール(靴の中間部分)にサイプ(深い切れ込み)、フレックスグルーブ(溝)を入れることで、足裏が自由に動くようサポートします。

足裏が自由になることで、 つま先部分がたわんでグリップし、通常のシューズで疎かにされている自然な筋肉運動を可能にします。

過去モデルは、商品ごとに数字(0〜10)が割り振られていて、 小さいほど素足に近く、大きいほど従来のシューズに近くなります。
2016年からは、その数字はなくなり、商品の特徴とスポーツに合わせてシューズを選ぶ形となりました。

しかし、2019年、数字表記が復活し、原点回帰しています。

 

足感覚のナイキフリーを使用することのメリット


・可動域、ストレッチ効果の増大
・バランス感覚(体幹)の向上
・足裏のアーチを自然な形にする
・足底筋が鍛えられ外反母趾の改善
・普段使わない足裏の筋肉が鍛えられることで、より長く、より速く走れ怪我に対しても強くなる

上記効果をウォーキング、ランニング、トレーニングはもちろん、通勤通学、お買い物時に楽に得ることが可能です。
※注意点:普段使用しない足裏の筋肉を使用するため、1週間程度はナイキフリーで激しい運動は行わない事をお勧めします。また、フルマラソンでの使用は足を酷使しますのでやめましょう。

じめてナイキフリーを使用する場合…

ナイキフリーテクノロジー搭載シューズは、あえて足をいじめ鍛えるためサポート性を削いでいるのが特徴的です。

そのため、はじめてナイキフリーを使用する場合、過度な距離のランや激しい動きは当分の間控え、まずはナイキフリー搭載シューズに慣れることが必要です。

■使用例
1週間目〜約2キロ程度のウォーキング、ジョギングに使用
2週間目〜約4キロ程度のウォーキング、ジョギングに使用
3週間目〜約2キロ程度のランニングに使用
4週間目〜約4キロ程度のランニングに使用
5週間目以降〜MAXを10キロとしランニングを行う

ほんの一例ですが、徐々に距離とスピードを上げるイメージです。
足への負担を考えると5週間ほど時間をかけて慣れる必要があります。

10キロ以上のランニングや長時間の激しいトレーニングへの使用は、推奨しておらずプロ選手でも行なっていないため、足へのダメージを考え控えることをお勧めします。

 

の他の情報


ナイキフリーiconは足のためのTシャツと呼ばれているエアプレストと繋がりがある。

ティンカー・ハットフィールドの話によると、『エアプレスト2を展開しなかったのは何故ですか?』との問いに、『実はやりました。それが、ナイキフリー
iconなのです。』と答えたとのこと。

つまり、ナイキフリー
iconはエアプレストを継承した、エアプレスト2でもあるのです。

今回も、長文をご覧頂きありがとうございます。
次回もお楽しみにして頂けると嬉しいです。

 

ナイキフリーシューズ一覧

NIKE 公式オンラインストア



NIKE 公式オンラインストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です