ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2をレビュー!

 

じめに…

前作よりアッパーが大幅なアップデートとなったナイキ ズーム ペガサス ターボ 2

エンジニアードメッシュロフトと呼ばれる素材を使用したアッパーが最大の特徴です。
その他にもシュータンの厚さヒールカウンターを柔らかい素材に変更するなどより上級者が納得する、求めていた一足へと進化しています。

ミッドソールには前作同様ナイキ最高峰の2つの素材ズームXリアクト
アウトソールも前作同様レースストライプデザインを採用し、変わらぬ履き心地走り心地となっていることも非常に嬉しいポイントとなっています。

改善すべき点を見直し進化、優れていた点を維持する…今できるベストを表現したナイキ ズーム ペガサス ターボ 2をレビューしたいと思います。

ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2icon

NIKE 公式オンラインストア



イキ ズーム ペガサス ターボ 2の詳細について

商品名ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2

スタイル:AT2863(メンズ)、AT8242(ウィメンズ)

価格:18,000円(税抜)

対象ランナー:上級者ランナーの練習用、スピードを活かしたランニングトレーニング、陸上部の練習用

重量:メンズ28cmで約230g(前作は238g)

オフセット(ドロップ):10mm

足型(ラスト):MR-10(前作と同じ)

サイズ感:薄手のアッパーとMR-10という基本的なランニングシューズの足型が相まって全体的にゆったりしている印象です。シュータンが薄くなったことでシューレースを結んだ際によりフィットするよう調整できるようになりました。多くのランナーの希望に沿ったフィット感をカスタマイズすることが可能です。サイズ表を参照し、ジャストサイズをまずは購入することをお勧めします。

 



 

気性が抜群!エンジニアードメッシュロフト素材を使用したアッパー

アッパー全体をエンジニアードメッシュロフト素材で覆っています。

エンジニアードメッシュロフト素材の特徴は軽量であるということ。
前作より両側で約16g軽量になったのはこのエンジニアードメッシュロフト素材の効果と言えます。

また、最大の特徴は素材自体に通気性が備わっているということ。

通常のメッシュは編み込み方を工夫し通気口を設けます。
その際に僅かですが耐久性を犠牲にし、通気口を設けているのです。

エンジニアードメッシュロフト素材はそもそも素材自体に通気性能が備わっているので、サポート性を損なうことなく、今までのメッシュ素材以上の通気性を提供します。

ラントレーニングには耐久性が不可欠です。
本番以上に加速したり、様々な走り方や動きを試すため耐久性が重要なのです。

その耐久性を通気性、軽量性を失うことなく、むしろ高めて提供できるエンジニアードメッシュロフト素材は今後のナイキランニングシューズのキーとなる素材かもしれません。

ールカウンターをより柔らかい素材へ変更

前作は画像部分に硬いヒールカウンターと呼ばれる補強素材が内蔵されていました。
足のブレを防ぎ、シューズの型崩れを防止する効果があります。

しかし、硬すぎた事によってヒール部分に不快感、違和感を与えてしまっていました。

その不快感、足触りを改善し、より良いランを後押しできるよう、内蔵されているヒールカウンターを柔軟な素材へ変更しています。

特にアキレス腱部分のフィット感を向上させ、最初から最後まで足がブレない快適な足触りでランニングに取り組むことが可能となっています。



ュータンを薄く!レースシューズのような形状に!!


ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2


前作のナイキ ズーム ペガサス ターボ

シュータンの厚さが大幅に薄い形状へ変更となりました。
最近のナイキレーシングシューズの流行の形状ですね!

薄くなった事で軽量化したとともに、走行中のズレを最小限にしてくれます。

足触りがやや劣るかもしれませんが、足の甲が当たる部分に柔らかい素材を配置しているのでそこまで大きな心配をする必要はありません。

また、薄くなった事でサイズ調整が細かく行えるようになったことも嬉しいポイントです。
厚手の場合、強く結んでも素材が時間とともに膨らみ少しですが緩んでしまいます。
その緩みがなくなったことでより強いフィット感に調整できるようになったのです。

作と変わらないミッドソールとアウトソール

ミッドソールには、
足が当たる上半分をNEXT%でも使用されているナイキ最強の反発性と軽量性を誇るズームX素材

地面に当たる下半分をナイキ最強の耐久性とクッション性を誇るリアクトテクノロジーを用いた素材
の高級仕様。ズームX素材はスピードを出す上では必須で、最強の反発性と軽量性を兼ね備えていますが、耐久性がからっきしなのが玉にキズでした。


キロ数で言えば約160km
一般的なランニングシューズの1/5くらいですね。。。これでは普段のランやトレーニングでは使えません。そこで、耐久性とク
ッション性がナイキ史上最強なリアクトテクノロジーを用いた素材を地面に接する下の面に配置
足から出る力と地面から跳ね返る強い力を全体で受け止めてくれます。

リアクトの効果も相まって、個々差はあると思いますが約1000kmほど機能を発揮した状態でランニングすることが可能となりました。長距離ランからダッシュ、パワフルな坂道ランなど様々な走りに対応してくれます。アウトソールも前作同様の形状となっています。
耐久性グリップ力のため、前後に大きめのラバーを配置。柔軟性はやや劣りますが、グリップ力を活かしたパワフルでスピーディーなランニングが可能です。また、五角形のハニカムパターン(蜂の巣を真似た耐久性がある形状)が無数に配置されており、これまた耐久性を提供。ハニカムパターンは、足が地面につきピストンすることで僅かですがクッション性をもたらしてくれます僅かですが嬉しいポイントではないでしょうか。



能面を評価してみた!

クッション性:★★★★☆
反発性:★★★★☆
軽量性:★★★★☆
耐久性:★★★☆☆
デザイン性:★★★☆☆
グリップ力:★★★★☆
価格:★★☆☆☆

価格が高いので躊躇していませんか?
このハイレベルな機能を見て下さい!勿体無いです!!
リアクトズームXの組み合わせは唯一無二で、高機能!
今まで感じたことのない走り心地をぜひ一度感じてみて下さい!!



いごに…

アッパーの改善点がメインとはなっていますが、シュータンヒールカウンターなどの細かい部分のアップデートも忘れてはいけないポイントです。

知って走るのとそうでないのとではシューズの癖を掴むまでのスピードが違うと思います。
ぜひ本記事を参考に予備知識を入れた上で走って見て欲しいです!

考えすぎてしまっては元も子もないですが、試行錯誤するのは楽しい時間だと個人的には考えています。
ストレスにならない程度というのが大事ではありますが。。。笑

また、NIKE.comで購入することをお勧めします!
なぜなら、使用後でも出荷日より30日以内であれば返品が可能だからです!

実際に自分が走る環境で使用し、シューズがどのように力を発揮するかを肌で感じて頂ければ幸いです!!

ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2icon

NIKE 公式オンラインストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です