ナイキ エア ズーム スピード ライバル 6をレビュー!

 

じめに…

今回は、薄型ランニングシューズで同じサブ3.5のエリートシリーズとの違いが分かりにくい、”ナイキ エア ズーム スピード ライバル 6
icon
”について書きたいと思います。

また、2019年3月6日現在NIKE.comで販売されているズーム ライバル フライの前のバージョンとなっています。


ライバル 6


ライバル フライ
icon

ナイキ エア ズーム スピード ライバル 6

ランニングズーム商品一覧

ナイキランニングシューズ一覧

NIKE 公式オンラインストア

スポーツブランド攻略BLOG
関連ページ
初心者必見!ナイキシューズのサイズ徹底攻略!! | スポーツブランド攻略BLOG
https://スポーツブランド.com/archives/nikesize.html
目次 はじめに... ナイキシューズのサイズ測定方法 素材の特性を理解しよう! メンズシューズのサイズ ウィメンズシューズのサイズ ジュニアシューズのサイズ ベビー&リトルキッズシューズのサイズ その他の情報 ・シューレースの長さについて ・スタジオラップ...



イキ エア ズーム スピード ライバル 6詳細


商品名
ナイキ エア ズーム スピード ライバル 6
icon
スタイル
:880533(ユニセックスサイズ)

対象ランナー:サブ3.5、駅伝、部活生の練習用シューズ

重量:メンズ26.5cm/ウィメンズ27cmで約213g

オフセット:10mm

 



 

ッパーの詳細を攻略!


ヴェイパーフライ4%、ズームフライと同様の軽量なエンジニアードメッシュを使用した上級者仕様のアッパーです。

エンジニアードメッシュとは、部分ごとに編み込みを自由自在に変えることができ、サポートが必要な部分をタイトに、通気性が必要な部分をオープンにすることが可能です。

そのスポーツに合った編み込みができるということですね!


つま先部分、


シューレース部分、


かかと部分の計3箇所に薄い合成素材を配置し、耐久性、安定性を高めています。
薄手の合成素材なので、重量や通気性に大きな影響はありません。


更にシューレース部分は、シートベルトのような少し太いベルトと連結し、フィット感と足のブレを防ぎます。

このブレを防ぐということはスポーツシューズにとって非常に重要なポイントです。
ブレないということは、疲れにくく、怪我を予防できます。

部活生など毎日練習をするアスリートを考えた構造とも言えますね!


シュータン部分がメッシュ構造になっていて、シューズ内の熱をより外へ逃がしてくれ、熱によるストレスを軽減してくれます。

熱は疲労を増加させるランナーの最大の敵…通気性は最も大切な要素かもしれません。
実際私も走っている際に、足の中心部分に熱を感じ、足を止めてしまったことが何度もあります。
細かい部分の通気性を設けていることはシューズを選択する上で大切だと感じています。


サイズ感は、サイズ表を参照し足幅に合わせた選択をするのがベストです。
エア ズーム スピード ライバル 6は、平均的なナイキランニングシューズのサイズ感だと思います。

ワイドサイズもあるので、他のモデルよりサイズ選択の幅が広いところもオススメです。
※現在NIKE.comにはワイドサイズはないようです



ッドソールの詳細を攻略

超軽量なクシュロンLT素材に反発性のあるズームエアが内蔵されているミッドソールです。
イメージとしては、柔らかい履き心地ではあるものの、足が地面に着いた際にかかとに内蔵されたズームエアが反応し、前へポンと押し出してくれる感じですね。

エリート10とは異なり、ヒール部分にズームエアが内蔵されています。
これは、ヒールストライク走法(かかとから着地する)が多い日本人にぴったりの配置だと思います。

個人差はあると思いますが、かかとが地面に着いたときにパンっと反発し、自然とつま先が地面に着く…この一連の動きを素早く行うことができます。


↑ヴェイパーフライ4%

近年の流行である厚底とは異なり、昔ながらの薄底なエア ズーム スピード ライバル 6は、厚底シューズほどサポート性はないため、自身の足の力で走り抜くシューズのため、自身の力を存分に使い地面を感じながら走りたいランナーにオススメです。

ウトソールの詳細を攻略!

六角形のハニカムパターン(耐久性がある)が無数に配置されていて耐久性があります。
また、この部分が着地する度にピストンし、クッション性を提供してくれます。

中央にはシャンクプレートが内蔵されており、力強い走りをした際に発生するねじれを防止してくれます。

速い走りを安定感のある中で行える構造です。



ブ3.5シューズの位置付け


サブ3.5向けシューズには、ズームフライ、エリート10と比較するシューズが他に2モデルあり、自身に合ったシューズはどれだろう?と非常に悩ましく感じと思います。

私の個人的な感想となりますが、

汎用性があるのがズームフライ

フォアフット走法ならエリート10

ヒールストライク走法ならライバル6

自身の走法に合わせて選ぶのがベターかなと思います。
あとは価格ですね。

iconエア ズーム スピード ライバル 6は3モデルの中で一番安価です。



能面を評価してみた!

クッション性:★★☆☆☆
反発性:★★★☆☆
軽量性:★★★★☆
耐久性:★★★☆☆
デザイン性:★★★☆☆
グリップ力:★★★★☆
価格:★★★★☆

厚底シューズと比べると見劣りする機能ですが、足の力に自信のある方であれば自由度の高い柔軟なミッドソールを使いこなせると思います!
軽量性とグリップ力も高いので、ガンガンスピードを出して走ることが可能です!!

 

ナイキ エア ズーム スピード ライバル 6

ランニングズーム商品一覧

ナイキランニングシューズ一覧

NIKE 公式オンラインストア

スポーツブランド攻略BLOG
関連ページ
初心者必見!ナイキシューズのサイズ徹底攻略!! | スポーツブランド攻略BLOG
https://スポーツブランド.com/archives/nikesize.html
目次 はじめに... ナイキシューズのサイズ測定方法 素材の特性を理解しよう! メンズシューズのサイズ ウィメンズシューズのサイズ ジュニアシューズのサイズ ベビー&リトルキッズシューズのサイズ その他の情報 ・シューレースの長さについて ・スタジオラップ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です